HySPEED工法

  • Home > 
  • HySPEED工法

HySPEED工法について

人と地球に優しく高い安全性を誇る工法

HySPEED工法について

従来の地盤改良ではセメントなどの硬化材を用いるのが一般的でした。しかし硬化材には、土壌汚染や資産の目減りなど問題点が多々あります。そうした問題を一掃したのが、天然砕石のみを使用した「HySPEED工法」です。

従来工法の問題点

環境問題 資産価値低下 液状化への耐性不足
セメントを使用した地盤改良の場合、発がん性物質として知られる「六価クロム」が発生する可能性があります。 セメントや鋼管杭は産廃物として扱われるため、土地評価からそれらの撤去費用が差し引かれて資産価値が低下してしまいます。 地震によって砂状の地盤が液体に近い状態になる「液状化」が起こると、地盤改良をしていても不同沈下が起きてしまいます。

HySPEED工法では、地盤に掘った穴に天然の砕石を詰めて石柱(砕石パイル)を形成します。天然の砕石以外は使用しないため、鉄柱やセメントのように産業廃棄物として扱われる心配がありません。人にも環境にも優しく、強度の高い地盤にできる工法なのです。

施工の流れ

施工の流れ

HySPEED工法の特徴

地震に強い 砕石パイルと現地盤によって、複合的に面全体で建物を支えられるため、地盤が安定して地震に強くなります。
環境にやさしい 天然砕石しか使用しないため、土壌汚染や環境破壊の心配がありません。
産廃物がない 天然砕石はコンクリートや鉄パイプとは違って産業廃棄物として扱われないため、将来的に撤去する必要がありません。
リユース可能 将来建物を建て替えるときでも、同程度の建物であれば繰り返し砕石パイルを使用できます。
液状化防止 ドレーン効果(排水効果)により、あらゆる地盤改良工法のなかで唯一液状化を防止できます。
工事保証つき 日本大手保証会社の認定工法のため、万が一のトラブルがあっても安心の保証がつきます。
CO2削減 砕石以外を使用しないため、人工物を使用する工法と比較してCO2の排出量が一戸あたり約5,000kg減少します。
高い対応力 従来工法では対応できない、地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐葉土の地盤でも施工できます。
劣化しない セメントや鉄パイプのように錆や劣化が一切起こらない、永久的な地盤改良工法です。

HySPEED工法の強さの理由

強度の理由
強度の理由 HySPEED工法では地盤に直径400mmの穴を掘り、その中にハンマーで圧力をかけながら天然砕石を詰め込みます。そうすることで軟弱地盤では砕石パイルが横に広がり、パイル周辺の地盤の強度が高まるのです。
地震に強い理由
大きな地震が発生すると、地層にせん断力がかかるため、従来工法では杭に破損が発生してしまいます。しかし、HySPEED工法による砕石パイルは、せん断に追随するため破損することがありません。さらに、地盤そのものを強化できるため、共振を和らげる効果も持っています。 地震に強い理由
液状化に強い理由
液状化に強い理由 大きな地震が起こると、地盤を構成する土や砂、水などが分離されて「液状化」が起こります。しかし、HySPEED工法で作られる砕石パイルは水を通すドレーン効果(排水効果)を持ち、水圧を逃がして液状化を低減できます。