山留・重仮設工事

山留・重仮設工事

特殊な工事もワイテックにお任せください!

ワイテックの特建事業では、山留・重仮設工事や柱状改良をはじめとした、さまざまな特殊工事に対応しています。他社では対応できないと言われた工事でも、まずは当社にご相談ください。豊富な経験と実績、高め続けてきた技術をもとに、ご要望に合わせた企画・設計・施工をご提案いたします。

山留・重仮設工事(企画・設計・施工)

連続壁土留(コラム壁) 最新工法!受注量大幅増!

  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増
  • 連続壁土留(コラム壁最新工法!受注量大幅増

オーガー併用バイブロ工法

概 要

杭先端部の地盤に高圧水を噴出する(ウォータージェット)ことで、土粒子間の間隙水圧を一次的に高め、土粒子を移動しやすい状態にします。また同時に地上に吹き上がろうとする噴流水で杭の周面を潤滑させながら圧入・打設します。

特 長

  • ウォータージェットにて貫入抵抗力を軽減しながら圧入・打設するためN値の比較的高い地盤に対しても有効な工法です。
  • 貫入抵抗が低いため杭材の損傷を抑える効果も期待できます。
  • 噴流水の量は施工状況に応じて自在に調整できるため、地盤への抵抗を最小限に抑えることが出来ます。
  • サイレントパイラー工法、バイブロ工法に採用でき、鋼矢板、H鋼打設が行えます。
  • オーガー併用バイブロ工法
  • 特 長
  • オーガー併用バイブロ工法
  • オーガー併用バイブロ工法

ラフターオーガー工法

概 要

ラフタークレーンにリーダーを組み付けし、オーガー機、ロットをセット、リーダーに沿ってオーガー機の自重により削孔を行う工法です。

特 長

  • ラフタークレーンは、全周同一の吊上げ能力があるため、作業半径が広く、移動が少なく効率良く施工できます。
  • 高所や低所での段差打ちが可能となり、幅広い作業に対応できます。
  • リーダーに沿って削孔するため、杭芯ズレ、傾きが少なく精度の高い施工を行えます。
  • ラフターオーガー工法
  • 特 長
  • ラフターオーガー工法
  • ラフターオーガー工法

オーガーミルク工法

概 要

建柱車、ラフタークレーンに削孔機械をセットし、バッチャープラントを接続して行います。規定の深度まで削孔し,オーガ先端よりセメントミルク等の根固め液を注入した後オーガーを引抜き,根固め液が固化しないうちに杭材を挿入して根固めし,支持力を発現させる工法です。

特 長

  • ラフタークレーンは、全周同一の吊上げ能力があるため、作業半径が広く、移動が少なく効率良く施工できます。
  • 建柱車は4tトラックをベース車としているため、狭い現場や搬入路でも施工可能です。
  • 削孔後の杭材の建込みに際して打撃やバイブロを使う必要がなく、騒音・振動の公害が発生しません。
  • オーガーミルク工法
  • オーガーミルク工法
  • オーガーミルク工法
  • オーガーミルク工法

サイレントパイラー工法

概 要

反力台、打設した鋼矢板を反力とし油圧にて鋼矢板の圧入、引抜きを無振動、無騒音無削孔で施工を行う工法です。

特 長

  • 無振動、無騒音で施工できるため、市街地や公害が懸念される現場に最適です。
  • 自走しながら1台で圧入、引抜の施工ができ、コーナー圧入及びカーブ圧入等も容易に行え、クレーンの寄付きが悪い場所での施工が可能です。
  • ラジコン操作のため、安全でかつ少人数で経済的な施工ができます。
  • コンパクトな単体機のため、運搬も容易で即作業にかかれます。
  • パイルの長さ、打ち止め高さは任意に設定でき、水上や上空障害のある現場等にも適しています。
  • 垂直及び方向の調整は容易で、精度の高い施工が行えます。
  • サイレントパイラー工法
  • サイレントパイラー工法
  • サイレントパイラー工法
  • サイレントパイラー工法

油圧式可変超高周波杭打工法(SR工法・SS工法)

油圧式可変超高周波杭打工法(SR工法・SS工法)

概 要

非常に高い周波数の垂直加振力によって杭材を打設・引抜を行います。 油圧式超高周波により周波数を調整し地盤振動を低減する低騒音・低振動工法です。

特 長

  • 超高周波の採用により、地盤振動距離を大きく減衰する低公害工法です。
  • 地盤性状に合わせた最適周波数を手軽に選定できます。
  • 安全、容易に油圧チャックの90度回転ができ、より接近しての施工が可能です。

ウォータージェット併用工法

概 要

杭先端部の地盤に高圧水を噴出する(ウォータージェット)ことで、土粒子間の間隙水圧を一次的に高め、土粒子を移動しやすい状態にします。また同時に地上に吹き上がろうとする噴流水で杭の周面を潤滑させながら圧入・打設します。

特 長

  • ウォータージェットにて貫入抵抗力を軽減しながら圧入・打設するためN値の比較的高い地盤に対しても有効な工法です。
  • 貫入抵抗が低いため杭材の損傷を抑える効果も期待できます。
  • 噴流水の量は施工状況に応じて自在に調整できるため、地盤への抵抗を最小限に抑えることが出来ます。
  • サイレントパイラー工法、バイブロ工法に採用でき、鋼矢板、H鋼打設が行えます。

ウォータージェット併用工法

  • ウォータージェット併用工法
    【WJ併用油圧バイブロ工法】
  • ウォータージェット併用工法

ダウンザホールハンマー工法

概 要

ダウンザホールハンマーをオーガーにセットし、ダウンザホールハンマーの打撃とオーガーよるロッドの回転の相乗効果により地盤を掘削する工法です。
ハンマーの先端から超高圧のエアーを噴射し、掘削を進めて行きます。
エアーを動力とするビットは地盤に連続的に打撃力を与え硬質地盤を細かく砕き、粉砕されたズリはエアーブローにより地上に排出されます。

特 長

  • ダウンザホールハンマーは中・硬・超硬岩・転石・玉石等のあらゆる硬質地盤に適し、早い削孔が可能です。
  • 直接、岩盤にビットの打撃が伝わるため、作業効率の良い作業が可能です。
  • ダウンザホールハンマー工法
  • ダウンザホールハンマー工法
  • ダウンザホールハンマー工法
  • ダウンザホールハンマー工法

テーブルマシン式ダウンザホールハンマー工法

概 要

ダウンザホールハンマーをクレーンのフックにて吊り下げてテーブルマシンにセットし、ダウンザーホールハンマーの打撃とテーブルマシンによるロッドの回転の相乗効果により地盤を掘削する工法です。

特 長

  • ステージを設置したのち、テーブルマシンをセットするため、傾斜地での施工も可能です。
  • ハンマーを外せば通常のクレーンとなるので、補助クレーンが不要です。
  • 削孔時にクレーンに負荷する荷重が小さく、ハンマーの吊り荷重による作業半径を確保すれば施工でき、段差・リーチ作業が可能です。
  • 重機転倒等の可能性が低く、安全に作業が出来ます。
  • 杭芯ズレの問題が無く、精度の高い施工が行えます。
  • テーブルマシン式ダウンザホールハンマー工法
    【施工状況】
  • テーブルマシン式ダウンザホールハンマー工法
    【テーブルマシン】

吊り下げ式ノバルハンマー工法

吊り下げ式ノバルハンマー工法

概 要

クレーンにオーガー機、スクリューロッド、ノバルハンマーを吊り下げ、ノバルコンプレッサーよりのエアーをスクリューロッドを通してハンマーピストンを往覆運動させ先端ビットの衝撃力で岩盤を掘削する工法です。

特 長

  • 重機設置位置から打設位置まで落差のある状況でも使用でき、仮橋等の支柱杭の打設に有効です。
  • 高所や低所での段差打ちが可能となり、幅広い作業に対応できます。
  • 削孔後、先端ビットより孔壁崩壊防止用のベントナイト液、保護剤または根固め用のグラウトが注入、充填できます。
  • スライム及び土質の排出はスクリュー方式を採用し、地層の変化にも十分対応できる機構を備えているため、幅広い地層に対応できます。

土留支保工

概 要

土留支保工は、土留壁に作用する側圧を安全に支えるとともに、山留壁の変形を最小限にし、周辺地盤ならびに構造物に有害な影響を及ぼさないようにする事を目的としています。

土留支保工

  • 土留支保工
    【鋼製切梁工法】
  • 土留支保工
    【地盤アンカー工法】
  • 土留支保工
    【支保工設置状況】
  • 土留支保工
    【斜梁】
  • 土留支保工
    【アイランド工法】

作業構台

  • 作業構台
  • 作業構台
  • 作業構台
  • 作業構台